抜け毛の種類

気にしなくても良い抜け毛

薄毛の前兆?

普通に抜ける抜け毛は自然のものなので気にする必要はありません。しかし、気を付けなければいけないのは、抜け毛の中には薄毛の前兆や、脱毛に進みかねない抜けが隠されていることがあります。ただ、病的な抜け毛ではなくても、年齢や性別他髪の毛が薄い人など、抜けた毛の太さも先の形状も違っています。

通常、心配のない、気にしなくて良い抜け毛には、抜けた髪の毛の先の端が、カットした時の状態で残っている。切り口があまり崩れていないということです。ただ、この違いがはっきり分かるのは長い髪の人で、短い髪の人は、毛先のカットの状態の違いはあまりはっきりしません。

それと、もう一つのチエックポイントは、健康な状態の抜け毛なら毛根の毛球部が大きくたっぷり残っているものして。毛根が大きくしっかりしているのは、髪の毛の毛母細胞が正常に増殖していると判断できます。


髪の毛の先の端と毛根とを観察

このように、抜けた毛の太さを観察するよりも、髪の毛の先の端と毛根とを観察することで、髪の毛の状態を知ることが出来ます。

このような健康な抜け毛の状態のものや反対に、病的に近い、薄毛になってしまうような心配のある抜け毛には、髪の毛の先端の先が細く弱々しい抜け毛に、先細りしている抜け毛があります。このような髪の毛は、髪の毛の成長サイクルが短くなっていることが考えられます。

そして、抜けた毛の毛根が小さく、しかも萎縮しているなどがあります。このような状態には、男性型脱毛症の悪影響を受けていることも考えられます。 気を付けてみると見分けるのも難しくありませんから、自分の髪の毛の状態を時々チエックして、異変があったら早めに気づいて、早めのケアが薄毛や脱毛の予防に繋がります。

育毛剤で美しく、質の良い髪に

育毛剤とは、髪の毛を美しく、質の良いものに改善するために頭部に使用する薬です。
髪の毛は個人差がありますが、若い頃は髪の毛の質も良く量も多かった人でも、年齢とともに細く、薄くなってしまう場合があるものです。

髪の毛が細くなると全体的にボリュームがなくなり、量が少なくなると地肌が見える部分が増えてしまいす。
そうなってくると髪型がきまらなくなったり、人目が気になったりします。
そんな時に、育毛剤を使用し始める人が多いようです。

育毛剤は、髪の毛や毛根に栄養などを与えて、発毛を促進させたり、艶のある髪にする狙いがあります。
販売しているメーカーによって配合されている成分はさまざまです。
漢方薬や天然の成分を使用した育毛剤などもあります。

育毛剤は、通常、シャンプーなどで髪の汚れを落としてから使用します。
髪が汚れている状態で育毛剤をつけると、毛穴がつまってかえって髪の毛に良くないようです。
そのため、育毛剤とセットになったシャンプーなどを販売しているメーカーもあります。

有名なところでは最近CMで話題のスカルプdがありますね。スカルプd評判.comはスカルプdが安くで買える情報が載っているようです。